雑誌「家電批評」で『KEURIG(キューリグ)』が紹介されました。

KEURIG(キューリグ)イメージ画像

2月3日(月)に発売の晋遊舎より出版された雑誌「家電批評 3月号」に、カプセル式一杯抽出システム『KEURIG(キューリグ)』が紹介されました。記事内で、Scrop COFFEE ROASTERSの『パナマ ゲイシャ』のK-Cup®が「香りがいい」と高評価をいただいています。ぜひご覧ください。

また、今回紹介された『KEURIG(キューリグ)』とK-Cup®は、Amazonでご購入いただけます。栽培が難しく希少なコーヒーとして注目されているパナマ産ゲイシャ種のコーヒーを、ご自宅でも手軽にお楽しみいただくことができます。

ご購入はこちら

キューリグ抽出機 BS300 セラミックホワイト + K-Cup Scrop パナマゲイシャ
K-Cup Scrop パナマゲイシャ

カプセル式一杯抽出システム『KEURIG(キューリグ)』とは
KEURIG(キューリグ)

『KEURIG(キューリグ)』は、北米で圧倒的な市場シェアとブランド知名度を誇る専用のマシンと、K-Cup®と呼ばれるカプセルを使用してコーヒーやお茶類を抽出するカプセル式一杯抽出マシンです。K-Cup®は、カプセルに原料を充填後すぐに密封することで、劣化の大きな要因である酸素をシャットアウトしているため、いつでも新鮮な味と香りを楽しむことができます。

KEURIG(キューリグ)のご案内についてはこちら

【ホームページ】家電批評2020年3月号 | 晋遊舎ONLINE 最新号紹介ページ
【ホームページ】家電批評 | the360.life(サンロクマル) 雑誌紹介ページ