スペシャルティコーヒーの定義

SPECIALTY COFFEE

スペシャルティコーヒーとは、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)により、以下のように定められています。

消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。

カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底していることが必須である。(From seed to cup)

具体的には、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。
そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。
さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。

日本スペシャルティコーヒー協会は、生産国から消費国にいたるコーヒー産業全体の永続的発展に寄与するものとし、スペシャルティコーヒーの要件として、サステナビリティとトレイサビリティの観念は重要なものと考える。

カッピング評価基準

以下のカッピング評価基準にて、合計が80点以上を取得している必要があります。

  • FLAVORフレーバー

    粉と液体の香りの強弱や質。

  • AFTER TASTE後味の印象度

    コーヒーを飲みこんだ後の印象。

  • ACIDYTY酸の質

    明るく爽やかな、または繊細な酸味があるか。

  • MOUTH FEEL口に含んだ質感

    口に含んだ際のコクの品質の高さ。

  • CLEAN CUPカップのきれいさ

    風味の欠点や汚れが全くないか。

  • SWEETNESS甘さ

    味に印象的な甘さがあるか。

  • BALANCEハーモニー均衡性

    香りと酸味とコクの調和がとれているか。

  • OVERALL総合評価

    全ての項目の総合評価。

Scropのスぺシャルティコーヒー

Scropでは、世界の全コーヒー生産量のうち約6~7%程度しか流通していない希少なスペシャルティコーヒーを使用しています。また、国際品評会受賞豆のようなトップ・スペシャルティコーヒーや、希少性の高いトップ・オブ・トップのコーヒーも期間限定でご提供いたします。その土地の気候や土壌だからこそ生み出せる、魅力的な風味や特性をお楽しみください。