Scrop COFFEE ROASTERS

CQI認定 Qアラビカグレーダー

中嶋 カッピング

CQI認定 Qアラビカグレーダーとは

CQI認定 Qアラビカグレーダーは、正式にはLicensed Q Graderといい、唯一の国際的なコーヒー鑑定士の資格です。SCA(Specialty Coffee Association スペシャルティコーヒー協会)が定めた基準・手順に則って、コーヒーの評価ができるとCQI(Coffee Quality Institute / コーヒー品質研究所)が認定した技能者のことを指します。世界で4,000人、日本では約300人が取得している資格です。これは、世界のコーヒー従事者のわずか0.016%です。取得するにはコーヒーに関する高度な技術・知識を要求されます。

Q ARABICA GRADER (R) COFFEE QUALITY INSTITUTE (R)

Qアラビカグレーダーの役割

CQI(Coffee Quality Institute)が各国の協力機関(ICP)とともに維持する Q Coffee System において専門的技能者としてコーヒーの評価をすることがQアラビカグレーダーに期待される役割です。

各産地の相乗効果を発揮することでシングルオリジンをも凌駕する可能性を持つブレンド。季節や企画限定ブレンドから、企業様オリジナルブレンド開発まで全てのブレンド開発に携わっています。

コーヒー種類、抽出方法に沿って最適な抽出条件設定を行っています。

季節変動に伴う気温・湿度・生豆状態を考慮し、カッピングを通して焙煎フィードバックを行っています。

年間300種類以上のカッピングを実施し、Scropの基準を満たした高品質なコーヒーの買付けを行っています。

中嶋 太郎

JBC(Japan Barista Championship / ジャパン バリスタ チャンピオンシップ )認定ジャッジ。コーヒー生豆の買付けから、焙煎、抽出、バリスタ教育にいたる全ての過程において徹底した品質管理と、スペシャルティコーヒーの普及、啓蒙活動を行っています。また、Scropブランドマネージャーとして、各種メディアにも登場しています。

Q GRADER Taro Nakajima

主な経歴

2005年~2010年
店舗マネージャー就任
2011年~2015年
焙煎工場立上げ、工場長就任
2015年
ブランドマネージャー就任、CQI認定 Qアラビカグレーダー取得
2018年~2019年
JBC(ジャパンバリスタチャンピオンシップ)認定審査員

Start typing and press Enter to search

Shopping Cart