CQI認定 Qアラビカグレーダー

CQI認定 Qアラビカグレーダー 中嶋 太郎

Scrop COFFEE ROASTERSでは、CQI認定 Qアラビカグレーダー(国際コーヒー鑑定士)がご要望に合わせたコーヒー豆のご用意や、季節に合わせた豆をご提供いたします。

CQI認定 Qアラビカグレーダーについて

CQI認定 Qアラビカグレーダーとは、正式にはLicensed Q Graderといい、唯一の国際的なコーヒー鑑定士の資格です。SCAA(Specialty Coffee Association Of America / アメリカスペシャルティコーヒー協会)が定めた基準・手順に則って、コーヒーの評価ができるとCQI(Coffee Quality Institute / コーヒー品質研究所)が認定した技能者のことを指します。世界で4,000人、日本では約300人が取得している資格です。これは、世界のコーヒー従事者のわずか0.016%です。取得するにはコーヒーに関する高度な技術・知識を要求されます。

Licensed Q Grader

豆の買付

COFFEE コーヒー
昨今、注目を集めている希少な「ゲイシャ」をはじめ、毎年開催される国際品評会の入賞豆など高品質な豆から、気軽にお楽しみいただけるコーヒー豆を厳選して買い付けております。

豆情報についてはこちら

品質管理

Scrop カッピング
Scropで提供しているコーヒー豆は、生豆から品質にこだわり、コーヒー豆の持つ魅力や個性を最大限引き出すため、その日の気温・湿度・生豆の状態を考慮し少量ずつ丁寧に焙煎を行っています。国内にある自社焙煎工場で焙煎しているからこそ、常に新鮮な状態でお届けすることができます。

品質管理についてはこちら

自社焙煎工場についてはこちら

セミナーの開催


Scropが出店している催事や、店舗イベント等でセミナーを開催しています。カッピングや抽出方法など、本格的なコーヒーの楽しみ方をお伝えします。コーヒー初心者の方もぜひご参加ください。

過去のセミナー情報はこちら

Scrop在籍 CQI認定 Qアラビカグレーダー紹介

中嶋 太郎


JBC(Japan Barista Championship / ジャパン バリスタ チャンピオンシップ )認定ジャッジ。
コーヒー生豆の買付けから、焙煎、抽出、バリスタ教育にいたる全ての過程において徹底した品質管理と、スペシャルティコーヒーの普及、啓蒙活動を行っています。また、Scropブランドマネージャーとして、各種メディアにも登場しています。

主な経歴
2005年~2010年店舗マネージャー就任
2011年~2015年焙煎工場立上げ、工場長就任
2015年ブランドマネージャー就任、CQI認定 Qアラビカグレーダー取得
2018年~2019年JBC(ジャパンバリスタチャンピオンシップ)認定審査員

佐久間 隆男


Scrop自社焙煎工場にて、毎日丁寧にこだわりの焙煎を行っています。蓄積した数値データと熟練したカッピング技術によって厳しく品質を管理しています。また、ブレンド開発にも精力的に取り組んでいます。

主な経歴
2006年~2010年店舗勤務
2010年焙煎工場勤務
2016年工場長就任
2017年CQI認定 Qアラビカグレーダー取得