保存方法

保存方法 イメージ画像

コーヒー豆や粉には鮮度があり、コーヒーを美味しく飲むためには保存方法も大切です。焙煎したコーヒー豆は空気に触れると、酸化が進み、味や香りなど品質にも変化が生じてしまいます。また、コーヒー豆は挽くことにより空気に触れる表面積が増えるので、より保存方法に気を付けなければなりません。

コーヒー豆を保存する上で重要なのは、湿度、温度、酸素です。湿度や温度が保たれた環境での保存は、美味しさを長持ちさせますので、密閉性の高い容器に移し、日のあたらない風通しの良い場所で保存してください。また、家庭用のコーヒーミルをお持ちであれば、お飲みになる前にコーヒー豆を挽くのもおすすめです。

Scropのコーヒー豆は、フィルム型のバルブ付タイプと、ボタン型のバルブ付タイプのコーヒー専用袋にお入れして販売しています。どちらも逆止弁の付いており、コーヒー豆から出るガスを逃がすだけでなく、外気が入らない仕組みになっているので安心です。

▲フィルム型バルブ付コーヒー豆袋

▲ボタン型バルブ付コーヒー豆袋

コーヒーを美味しく飲むためにも、出来るだけ早くコーヒー豆を使い切ることを心掛けましょう。